HOME > ドットわん生活 > ドットわんレシピ > 幼犬

ドットわん生活

幼犬期はヒトの子供と同じように、将来の丈夫な身体づくりをする大切な時期。
いろいろな食べ物を偏りなく与えることで、骨格や筋肉形成のみならず〈消化・吸収・代謝・排泄〉に
必要な元気な臓器”を手に入れることにつながります。
ただ、いろいろな食べ物を与えるといっても、小さいワンコにはどの食材もはじめて。
はじめての時にはあせらず、慣れたらゆっくりとすこしずつ増やして、
いろいろな食べ物をバランスよく与えましょう。
また、小さなワンコにはまだ、消化機能や歯が未発達なので、
柔らかさ・サイズを工夫してあげることも必要です。

ポイント好き嫌いはつくらない
喜ぶからといって、好きなものばかり与えていると
「好きなモノじゃなきゃ食べない!」とワガママな子に・・・
ここは飼い主様との知恵比べです。
用意されたごはんを遊び食べしたりする場合は思い切ってさげてしまいましょう。
大切なワンコの健康を考えている気持ちに自信をもって、ある程度のけじめを教えることも必要です。

ここでは離乳期から1歳(※)までのワンコを幼犬とします。ただし、大型犬は離乳期から1歳半または2歳(※)までと考えます。
※1歳、1歳半から2歳とはあくまでも目安です。犬種や遺伝、生活環境によって様々で一概にはいえません。

  • 幼犬 老犬

    白菜のしっとりふりかけごはん
    水分たっぷりの白菜とふわふわ軟骨パウダーを絡めたヘルシーごはん。 白菜の水分と含んでふわふわパウダーがしっとり食べやすくなります。
  • 幼犬 老犬

    骨元気ごはん
    骨の形成に最強のふりかけごはん!カルシウムの吸着をよくするビタミンK2が多く含まれるドットわん納豆を一緒に与えるのがおすすめ♪
  • 幼犬 老犬

    汁だくごはん
    骨のパウダーはカルシウムとリンが一緒に摂れるから老犬や幼犬におすすめ♪
  • 幼犬 老犬 食欲不振

    ドットわん納豆おじや
    あえて混ぜるだけの簡単レシピ!仕上げは腸内環境が整う納豆をトッピング。
  • 幼犬 老犬 食欲不振

    なんちゃって肉団子
    食の細いワンコや固いものが食べられない幼犬や老犬におすすめ!手に乗せて与えることもできます。
  • 幼犬 老犬

    簡単♪ドットわん冷汁             
    ミキサーに具材をいれるだけ!簡単スピード栄養満点冷汁。
  • 幼犬

    ドットわん3種ごはん
    小さい頃からいろいろな食べ物を与えることで犬本来の身体機能<消化・吸収・代謝・排泄>をしっかり使えるような食事が大切。3種のドットわんごはんなら26品目の天然食材を食べることができます。
  • 幼犬

    ドットわんクッキーのトッピングごはん
    歯の生え変わり時期や甘噛みを始めた時期は硬いものに慣れさせることも大切。ドットわんクッキーは愛犬にあわせた大きさに割って、いつものドライフードにトッピングしてあげれば、顎のトレーニングにもなり、食材もプラスできます。
  • 幼犬 老犬

    チキンふりかけごはん
    良質なタンパク質のドットわんフリーズドライチキンは、丈夫な身体づくりが必要な幼犬や健康維持が欠かせない老犬におすすめ。また指で簡単に潰せるから薫りが引き立ち食欲不振のワンコの食欲を刺激します。
  • 幼犬 老犬 食欲不振

    ドットわんスープ粥
    高齢で少量しか食べれないワンコや食欲不振で食べれないワンコには消化吸収しやすく、栄養満点なドットわんスープを使ったお粥がおすすめです。