HOME > ドットわんとは?

ドットわんとは?


健康な食事は〈天然食材〉が活きている…
「ドットわん」はそう思うのです。

私たちのモノ作りは、人知を越えた自然界の栄養バランスを
商品に活かす発想から始まります。
〈必要なものを吸収し、不要なものを排出する〉という、
動物なら本来備わっている“ 生きる能力” 。

添加物に頼った食事で愛犬の身体が楽を覚えないよう、
消化・吸収・代謝・排泄の機能をしっかり使える食事をご提案します。
私たちのこだわり
  • 素材
  • 調理
  • 包む

ドットわんの出発点

皆さんには理想の“ いぬめし” がありますか
子どもの頃、祖父の家に〈とち〉という名前の柴犬がいました。
離れの土間にあった手作りの小屋に、昔のことなので繋ぎっぱなしになっていた番犬です。祖父の家にはほぼ毎週末家族で帰省し、その夜は私がかならず〈とち〉の夕食当番でした。
祖母が孫(私)の好物と思い込んでいたため、夕食のおかずはいつも“手羽先の煮付け”。その骨を家族から集めてのせ、残りごはんに味噌汁を注ぎ、鰹節を振りかけたら「とちめし」の完成です。塩分も気にせず鶏骨が裂けて危ないことにもこだわらず…今でこそいろいろと問題がありそうですが、当時はこれが“いぬごはん”の定番だったと思います。
なにより〈とち〉は皆が少しだけ肉を残した骨が大好きで、器用に大胆な食べっぷりで完食していました。食べ終わるまでの数分間、その姿を惚れ惚れしながら見ているのが私は大好きだったのです。

犬の食事といえば今でも「とちめし」が印象深い。あの食べっぷりに憧れて「ドットわん」にイメージを重ねていますが、家族の愛情が詰まった「とちめし」に近づくのは簡単ではありません。
だからこそ生産者・販売者・飼い主…多くの想いをリレーすることで「ドットわん」を作ることができるのだと確信しています。

代表取締役社長 浅沼 悟